九州の地質調査なら明大工業(土木工事・3次元計測)

0977-24-1212 お問い合わせ

新着情報

2018年11月2日金曜日

大分工業高校生、インターンシップ

県立大分工業高校土木課の2年生のインターンシップ(職場体験学習)を行いました。
10月31日から11月1日の2日間。高校の先輩となる当社の社員、吉野主任に宮永君と薬師寺君のお世話をしてもらいました。
まず、一日目は、ラジオ体操と朝礼に参加しました。会議室で笠村工事部長から会社概要を説明を受け、続いて日田市天瀬で橋梁の耐震補強を施工している現場へ。ここでは、河野現場代理人から説明を受け、耐震補強で使う太いアンカーボルトを持ち、ビックリ。
会社概要説明

天瀬の橋梁耐震補強現場

アンカーボルトを持つ二人

午後からは、杵築市の地すべり現場で加耒現場代理人から地すべり対策の説明を受けて、一日目は終了。

現場事務所で地すべり対策の概要説明

現場見学


二日目は、井上現場代理人から市内の道路整備現場、吉野主任から完成した乙原地すべり対策・集水井現場、松本現場代理人から別府一の宮線の防護網工現場、星野現場代理人から境川砂防堰堤現場の説明を受けました。

防護網工の説明

午後からは、高校の小笹先生、大分建設新聞社の記者も加わり、境川砂防現場事務所で、この現場でICT(情報通信技術)を活用して施工した工事用道路建設、さらに三次元測量、UAV(ドローン)での測量、ドローンの飛行規制や操作について説明を受けました。

現場事務所でのICT説明

三次元測量、ドローンの説明

事務所での説明のあと、実際にドローン飛行を実施。若いだけあってのみ込みが早く、上空100mまでかるがると飛行。私なんかはヒヤヒヤして見守っていましたが、日頃、○○ゲームをしているたけあって、操作がうまいですね。おみそれしました(^_-)-☆

ドローン体験


最後は、光波測距儀を使っての測量実習。


これで二日間の職場体験は終了。
大分建設新聞社の記者からインタビューを受けて二人ともたじたじでしたが、なんとか受け答えができていました。

記者からのインタビュー

二人とも工事現場での管理を希望しているとのこと。まだ、2年生なので、これからしっかりと勉強して、県内の建設会社に就職してください。できれば、当社に???
建設業は、「きつい」、「汚い」、「危険」、「かっこ悪い」、「帰れない」の5Kと言われ、若い人たちから敬遠されていますが、政府が進める「働き方改革」で週休二日制工事が増え、現場も女性が働けるように環境整備が行われています。
当社でも取り組んでいますので、安心して働ける環境にあります。

『キバレ 宮永君 薬師寺君 ちぇすとー!!』