九州の地質調査なら明大工業(土木工事・3次元計測)

0977-24-1212 お問い合わせ

新着情報

2018年8月22日水曜日

土木建築部長表彰

22日、平成30年度大分県土木建築部優良建設工事表彰の授賞式があり、当社は、一般土木工事部門において、土木建築部長表彰を受賞しました。
受賞した工事は、安部組・明大工業建設工事共同企業体で施工した「平成28年度緊急砂第2号砂防堰堤工事」です。
現場は、別府市の中央を流れる境川上流域であり、平成28年大分・熊本地震でよって発生した鶴見岳斜面の土砂崩壊により、渓床に大量の土砂が堆積しました。このため、大規模な土石流が発生して下流域にある住宅地に多大な損害を与える危険性があり、緊急に砂防堰堤を建設する必要があり、実施された工事です。

境川上流から望む、下流には住宅地が広がる

境川下流から垂直壁、副堤、主堤が並ぶ

正面からの完成完成状況
表彰式では、阿部土木建築部長から表彰を受けました。そのあと、受賞者の記念撮影が行われ、終了。

受賞風景

記念撮影

社長と主任技術者の木村主任
表彰状


来年もこの場に立てるよう、現場施工に邁進します。

追伸1:翌日の新聞に掲載された記事です。

23日、大分建設新聞記事

追伸2:担当した木村主任 談
     砂防工事は、私にとって初めての経験でした。
      工事を終えて事前検討や管理等が足りない部分が
      多々あったと感じています。
      また、集中豪雨により現場が水没するというアクシデントを経験して、
      改めて自然の恐ろしさを痛感させられました。
      しかし、この工事に携わった全ての人達の努力と創意工夫で、
      厳しい工期の中、完成させることができました。
      私達は、決して自然に勝つことはできません。
      しかし被害を減らすことは十分できると思います。
      今後も災害で悲しむ人が一人でも少なくなる様に私は、
      日々自然に謙虚な気持ちを持って仕事をしていきたいと思います。