九州の地質調査なら明大工業(土木工事・3次元計測)

0977-24-1212 お問い合わせ

新着情報

2018年8月18日土曜日

第29回 明大工業株式会社技術発表会 開催

8月18日(土)、今年も、大分高専のアカデミックホールにて、当社の技術発表会を行いました。
大分高専と一緒に行う技術発表会も、今年で3回目を迎えます。
今年は、工事部の担当。

司会陣


発表会風景

冒頭、社長挨拶の後、3月に完成した別府市内の境川砂防ダムの現場代理人を務めた木村 主任が、優良社員として表彰をされました。
安部組・明大JVで施工を行った境川砂防ダムの現場は、評定点でも94点と、大分県の2017年度発注工事成績で、最高点となった現場でした。

社長挨拶

優秀社員表彰 木村主任

技術発表会では、弊社からは、今年も調査部・工事部それぞれ2名の計4名が、担当した現場で生じた課題や、その解決策等について、発表を行いました。

発表は、質疑応答を含め15分。
発表者は、ぎりぎりまで、発表内容やスライドの調整等、準備を行って当日に臨んでいました。

調査部:千本係長
工事部:木村主任
調査部:尾﨑主任
工事部:後藤主任
今年の技術発表会の最優秀賞は、工事部の木村主任。
優良社員表彰に続いての、最優秀賞受賞と、ダブル受賞となりました。

最優秀賞 木村主任

発表者の皆さん

また、大分高専のK君、A君が、それぞれの研究について発表を、佐野博昭教授が、「あなたは地盤の健康診断結果を信頼していますか?」と題し、特別講演を行いました。

大分高専:K君
大分高専:A君

大分高専:佐野教授

1989年から始まった技術発表会も、来年で30回目の節目を迎えます。
皆さん、今年もお疲れさまでした。